大学入試の勉強法、おすすめはこれだ!スケジュールの立て方や英語・数学・国語・物理の勉強方法

白文読み下しを特訓せよ! 大学入試へ向けた漢文の勉強方法

白文読み下しを特訓せよ! 大学入試へ向けた漢文の勉強方法

 

 

大学入試に出てくる国語の中で、古文と並んで『外国語感』のある漢文。

 

漢字ばかりが並んでいて、なんだかとっつきにくい印象を持っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、実はこれはもったいないことで、漢文は国語の中で唯一といって良い、「明確に対策の打てる」科目なのです。

 

特に、大学入試での出題頻度の高い「書き下しなさい」系の問題は、漢文のパターンに慣れてさえいれば確実に得点できる、必勝問題になりえます。

 

そこで、まず取り組んでいきたい漢文の勉強方法を説明します。

 

 

 

 

 

 

『白文読み下しの特訓』です。

 

お勧めの方法としては。。。

 

・教科書の漢文の「レ点」「一二点」といった返り点や、送り仮名の部分を隠して漢字だけの文になるよう虫食いにした「白文ボード」を作成し、それを被せて白文の状態にした教科書の漢文を読み下す方法。

 

・ノートに漢字の部分だけを書き写し、別ページに読み下した答えを書いておいて、白文のページだけを見て読み下す方法。

 

・単語暗記などに用いるカードの大き目のものを用意しておいて、表に白文、裏に読み下し文を書いておいて、表を見て読み下し、裏を見て答えあわせをする方法。

 

などが考えられます。

 

どの方法が、楽に感じるか、やりやすいか、自分にあっているかは個人差があるかと思うので、少しずつ試してみて、自分にあった方法を見つけてみてください。

 

もちろん、ここであげた以外のやりやすい方法があるよ! という方は、その方法で続けてみてください。

 

白文読み下しが自由にできるようになれば、大学入試の漢文の攻略は、かなり進んだ状態にあります。

 

 

 

 

 

 

後は普通に問題集を利用して、再読文字などの頻出事項を埋めていけば、あなたの大学入試に向けての漢文攻略はかなり完璧に近づくでしょう。

 

現代国語や古文と違って漢文は、かなり規則的なものなので、単純暗記による攻略も通じやすいというか、国語の中では唯一単純暗記による勉強方法が通じる分野なのです。

 

しかし、いくら攻略がしやすいからといって、大学入試における漢文のウエイトは、それほど大きなものではない場合が多いです。

 

ですので、どこまで完璧に詰めていくかという部分は、あなたの志望校におけるほかの科目のウエイトや、攻略状況と相談して決めるようにしてください。

 

その上で、漢文に割く余力があるのであれば、コスパは高い科目だと思いますので、是非とも勉強に取り組んでみてください。

 

以上、白文読み下しの訓練を中心とした、大学入試の漢文の勉強方法についてご紹介いたしました!

 

 

こちらの記事も併せて読んでみてください。

 

知らないと損する!国語の大学入試勉強法は攻略しやすい順で!