大学入試の勉強法、おすすめはこれだ!スケジュールの立て方や英語・数学・国語・物理の勉強方法

知っておくべき!大学入試英語の長文読解勉強法は短文暗記で攻略!

知っておくべき!大学入試英語の長文読解勉強法は短文暗記で攻略!

 

 

理系・文系を問わず、ほぼすべての受験生が避けては通れない大学入試科目、英語。

 

その中でも長文問題は、大学入試英語の本体とも言うべき問題であり、なおかつ英作文と並んで難関になりうる問題でもあります。

 

あるときは時間が足りず、あるときは単語や熟語の意味が分からず、「解き切れなかったー!」という経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

そう、英語の長文読解は単語や熟語の知識はもちろん、文法の理解度、さらには文章をすばやく理解する読解力(速読力)と、総合的な実力を試される問題なのです。

 

そんな英語長文読解問題を攻略するのにおすすめの勉強法が、『英短文暗記』です。

 

英短文は英単語や英熟語から構成されており、さらに文として成立させるための骨格として文法の要素が入っています。

 

つまり英短文を覚えることで、大学入試で問われる英語の基礎的な力が総合的に鍛えられるのです。

 

 

 

 

さらに英長文は、一文ずつ分解してしまえば英短文と同じです。

 

逆をいうと英長文は、英短文の集合体として構成されているともいえるわけです。

 

英短文をたくさん覚えていれば、似た文法、同じ単語や熟語が入った一文一文の理解が早くなり、速読力も上がります。

 

また一般的に大学入試レベルの英文は、日本語訳したときの文章のレベルとしてはそう高くないので、英文の意味さえ理解してしまえば、読解するのは容易になります。

 

英短文の覚え方としては、時間に余裕があるなら、まずは英文から日本語訳が言えるように覚えていくのがいいでしょう。

 

英作文なども視野に入れると、最終的には日本語から英訳できるようになるべきです。

 

しかし、英語長文の読解と考えた場合、まずは英語から日本語がすぐに出てくるようにしておいたほうがいいでしょう。

 

また、単純に英語側を覚えるより先に、なじみのある日本語側を覚えたほうがとっつきやすく、英語を覚える際の取っ掛かりがつかみやすいです。

 

 

 

 

以上のことから、まずは英文和訳のスタイルで英短文を暗記していくようにしましょう。

 

なお、受験生に限らず学生さんに良くみられる光景で、英単語を単品でひとつずつカードに書いたり、単語帳を持ち歩いて一生懸命覚えようとしていることがあります。

 

「英語力とは何か?」と問われたとき、「どれだけ英単語を知っているかだ」と答える方もいるでしょう。

 

しかし残念ながら、これは間違いです。

 

これはどの言語でもそうかもしれませんが、単語をいくら知っていてもただの羅列では言葉にはなりませんし、通用しません。

 

身振り手振りありのコミュニケーションであれば、コミュニケーション力の高い人であれば片言でも通じるかもしれませんが、英文読解にしろ英作文にしろ、少なくとも大学入試問題でそれが通用することはありません。

 

大学入試英語について、次の記事も参考にしてみては?

 

大学入試の英語文法勉強方法!英短文で単語・熟語同時攻略!

 

 

単語というものは文の中で、そして文脈の中で意味を変えていきます。

 

だからこそ、英語長文読解の攻略のためには、文の中で使われている「生きた単語」を覚えておく必要があり、その勉強法として英短文の暗記が有効になるのです。

 

文章の元となる文の意味さえしっかり追うことができれば、文脈の中での変化は捉えることができますからね。

 

以上、大学入試の英語長文読解の勉強法として、『英短文の暗記』と、なぜそれが有効なのかについて、ご紹介およびご説明いたしました。

 

頭の中の英短文のストックを増やして、効率よく大学入試の英語を攻略していきましょう!