大学入試の勉強法、おすすめはこれだ!スケジュールの立て方や英語・数学・国語・物理の勉強方法

自分より賢いアイツに勝つ!大学入試数学の超効率勉強法

自分より賢いアイツに勝つ!大学入試数学の超効率勉強法

 

 

受験生の皆さん、大学入試の数学の勉強法はどうしていますか?

 

どちらかというと『暗記』主体な文系科目に比べて、数学をはじめとする理系科目の勉強は『考える』ことが多く、そのイメージだけで「キライだー!」とアレルギーを起こしてしまう人もいるかも知れません。

 

ですので、まず最初にそのイメージを壊してしまいましょう。

 

 

大学入試の数学の勉強は『考えるな』!!

 

……はい。

 

コレ、多くの人がはまってる間違いなんですけど、大学入試に向けての数学の勉強法は『考える』よりも『暗記せよ』です。

 

かくいう筆者もコレにハマってて、現役時代後半まで一問一問を前にしながらウンウンうなっていました。

 

 

 

 

 

 

ですが・・・。

 

「考えても分からんもんは分からない!」ですし、よしんば分かったとしても、「時間効率が悪すぎる」んです。

 

自分より賢い、頭の良い人は、そうやって自分がウンウンうなっているうちに次々と新しい問題を解いていきます。

 

ただでさえ自分より賢いのに、取り組む問題の回転数、すなわち「努力量」すら負けてしまいます。

 

「受験戦争」という言葉もあるように、大学入試は競争です。

 

時には自分より頭の良いライバルにも勝つ必要があります。

 

しかし、賢さでも努力量でも負けていては、勝てるはずもありません。

 

そこを、勉強法の効率化で追いつき、追い越そうというのがこの記事の趣旨になります。

 

 

 

 

 

 

では、どのように勉強すれば良いか。

 

先ほども申し上げましたが、『大学入試の数学の勉強は考えるな、暗記せよ!!』です。

 

あ、もちろん最低限の前提として、問題文や解答例などに書いてある内容を理解するために『考える』ことは必要ですよ、念のため。

 

しかし、すぐに分からない問題を相手に公式をあれこれいじくったりしながら、ウンウンうなって考える必要はありません。

 

問題をパッと見る。

 

解法がパッと思いつかない。

 

ならば解答例をパッと見て、解説も読みながら理解する。

 

このくらいのテンポ感で良いんです。

 

というか、このくらいでないと自分より上の連中には追いつけません。

 

「そんなことしてたら応用力が身につかないんじゃないの?」

 

という不安もあるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

しかし、採点をして、同じ基準で合格者を選ばなければならない大学入試の数学には、必ず決まった答えがあります。

 

そして、受ける大学によって傾向の違いはありますが、その問題は必ず一定の解法パターンに落とし込めるようになっているのです。

 

勿論単に公式に当てはめるだけとはいきませんが、「こういう問題にはこういう流れで公式を使う」みたいな理論の流れ、『大学入試の公式』のようなものがあるのです。

 

これがすなわち『解法』です。

 

これを、『暗記』する。

 

分からない問題はすぐに答えを見て、解き方の流れを覚える。

 

それを繰り返すうちに、だんだんと『解法』のストックが増えていき、問題を見た時に「お、これはあのパターンっぽいぞ!」と思えるようになってきたら大学入試の数学の攻略は軌道に乗ったも同然です。

 

余談ですが、これをさせてくれない「答えの付いてない問題集を宿題にする」先生などは、ちょっとわかってないなぁ、と筆者は思います。

 

サボり目的でただ書き写す生徒の対策というのはわかりますが、その為に真面目な生徒の勉強効率まで下げさせてどうする、と。。。

 

難関大学になると、解法パターンを見抜かせないように巧妙にカモフラージュしたり、他の解法に誘導する「ダマし」を入れてきたり、そもそも問題文が短すぎて手掛かりが少ないものもあります。

 

 

 

自分より賢いアイツに勝つ!大学入試数学の超効率勉強法

 

 

 

しかしそこはそれ、経験がものを言うところ。

 

受験を意識した問題集であれば、大学入試に出てくるたいていのパターンは網羅してあります。

 

あとは、自分の志望校レベルに合った問題集を選び、パターンを全部覚えるまでひたすらに問題と答えを読む。

 

それを繰り返し、一冊(全単元分)まるまる完全に制覇する頃には対応力、応用力も付いているはずです。

 

実力試しには過去問や模試を。

 

受験勉強を始めるのに遅すぎるということはありません。

 

次のような記事も参考にしてみては?

 

 

 

今からでも間に合う!高3から始める大学入試勉強法3つのコツ

 

 

 

終わったらそれも覚えてしまえば、一石二鳥です。

 

まずは自分が得意、あるいは簡単だと感じる単元からパターンの『暗記』を始めましょう。

 

長所を伸ばせば強力な武器になりますし、何より勉強がはかどることでモチベーションアップに繋がります。

 

大学入試の数学の勉強法は、問題の解法パターンを『暗記せよ』

 

是非とも意識してみてください。

 

勉強法を効率化することで、ライバルに追いつき、そして差をつけてやりましょう!!