大学入試の勉強法、おすすめはこれだ!スケジュールの立て方や英語・数学・国語・物理の勉強方法

【本当はどうなの?】大学入試物理の効率的な勉強方法は数学を先に押さえろ?!

【本当はどうなの?】大学入試物理の効率的な勉強方法は数学を先に押さえろ?!

 

 

大学入試の試験科目、理科系の中でも特に嫌いだったり苦手意識を持っている人の多い科目が「物理」です。

 

しかし実は、受験科目の中でも得点源にしやすい科目でもあったりします。

 

「えぇ、そんなの物理がすごく得意だからいえることなんじゃないの?」と、そう思われる方も多いことでしょう。

 

確かに現役時の私は物理が大の苦手でしたし、その一方で理系が得意な成績上位連中は、センター試験物理で軽々と満点をとっていたりもしました。

 

しかし、そこにはカラクリが……というか、苦手な人が多い、と言われても「そりゃそうだ」と思えるような理由があるのです。

 

 

まず、物理の授業で最初にやる「力学」は、大学入試に出てくる範囲の物理の単元の中で一番難しいです。

 

一番難しいのを一番最初にやるわけですから、そりゃつまずく人も出てくるわけです。

 

 

 

 

 

 

さらに、「速度と加速度」。

 

これは、数学では高校二年生で習う分野の「微分・積分」が理解できていないと、分かりづらい内容になっています。

 

 

そして「波動」。

 

これも同様に、数学の「三角関数」が理解できていないと、やはりつらい分野です。

 

 

このように、物理は数学から通じる分野が出てくるので、カリキュラムや授業の進度によっては、前提となる数学の知識が身に付く前に、応用編になる物理の分野が登場し、チンプンカンプンになりやすいのです。

 

 

ですので、大学入試に向けての物理の勉強方法としては。。。

 

まず「習ったばかりの頃に理解できないのは当たり前のことだ」

 

と割り切り、そして。。。

 

「数学の勉強を一通り終えてから物理に手をだす」

 

ことが第一です。

 

数学を先にこなすことにより、物理の問題の仕組みの理解度は跳ね上がり、効率的な勉強方法につながるでしょう。

 

 

 

 

 

 

また、物理そのものの勉強方法ですが、これもやはり、数学に通じる部分があります。

 

というか、数学の効率的勉強法がそのまま使えます。

 

 

それはズバリ、『解法』を覚えることです。

 

問題集の問題を見て、「解けない」と判断したらすぐに模範解答と解説を読む。

 

そしてその解き方の流れを完璧に理解し、頭に叩き込み、暗記する。

 

物理は数学に比べてはるかに単元も問題パターンも少ないので、これを繰り返すだけで得点力は飛躍的に上がっていきます。

 

パターンが少ないからこそ、攻略さえできれば得点源になりやすい科目なのです。

 

 

 

【本当はどうなの?】大学入試物理の効率的な勉強方法は数学を先に押さえろ?!

 

 

 

なお、問題集を選ぶ際には注意が必要です。

 

例えば極端な話、基礎知識を問う問題だけが羅列されているような、簡単な問題集をいくらやったところで、大学入試の得点源にはなりえません。

 

大学入試向けの難問集などであれば、問題は難しいですが、その分解説が丁寧で、実力が付きやすい傾向にあります。

 

まずは本屋さんで解答と解説を読んでみて、ある程度難易度の高いものを選びましょう。

 

 

そして大学入試の勉強は計画性が大事です。

 

そのための、次のような記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

大学入試勉強計画スケジュールは時間ではなく量で決めろ!効果的な立て方とは?